あなたが所有している買いポジション

ありふれたビギナー向けのFX取引のテキストでは「差損が生じた時はナンピン買いして平均のコストを低くする」等説明されていたりする事もありますが、現実にはナンピン買いには相当の落とし穴があります。ホワイトヴェール 日焼け止め

ナンピン買いの仕組みについて易しく説明します。メグルボタニック 口コミ

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。名古屋全身脱毛※結局全身脱毛したくなるので名古屋のサロンをピックアップ

$(ドル)買いですので円安ドル高に向うほど利益が出ますが、思っていたのとは逆に1ドルが95円までドル安が進んだとします。ラクスラ

その状況でポジションを維持し続けたら、損がなくなるまでには、5円分ドル高に向わなければなりません。アスロング 口コミ

みんな、マイナスは出来るだけ早く回復したいと考えます。黒しょうが+5つの黒スリム 解約

この状況を変えるためはじめに買ったのと同じ量のドルを買い増します。エクスグラマー 楽天

それで、ポジションの単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。フルアクレフ 口コミ

すなわち、2円50銭の幅でドル高が進行すれば赤字を失くすことが出来ます。とうきのしずく 口コミ

これが、ナンピン買いのやり方です。ストレピア 口コミ

このように、ナンピンのやり方を目にすると「なるほど」という考えになるが簡単には問屋を卸しません。

最初から、95円が下値だということなど、誰も分かるわけがありません。

市場がかなりの円高ドル安動向だとしたら、95円では収まらずよりドル安にいくリスクが高いです。

一例として、97.50円でナンピンをするとしても、95円まで円高になっとしたならばナンピンを入れたポジションも損が生まれることになってしまいます。

そういう状態では初めに注文したドルと合計で2倍の差損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンは難解です。

それでは、為替相場が物語とは別の方向に進んでしまった場合、どういった手法で危険を軽減すればいいのだろうか。

こういう状態で選択する道は2つ。

まずひとつはあきらめて、損を確定する事です。

もうひとつの方法としては、その時に、あなたが所有している買いポジションを縮小することで改めて相場が元のようになるのをじっと待機する事です。

少し主体性のない手法だと感じる方もいると思います。

けれども、買いポジションに損失が出た時一番適切な手法はこの他には期待できない。

当然、ロジックとしては、ナンピンするという手法も効果的です。

だがナンピンは、自身がマイナスになっている場面にもかかわらず買いポジションを小さくするどころか買いポジションを積んでいく考え方です。

この手法では、危険を削減することなど、不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、そうなる前に投資資金が不足してしまいます。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.