FX(外国為替証拠金取引)業者がコントロールしているため

FX(外国為替証拠金取引)については取引所取引という所があります。過払い金請求 司法書士事務所

平常のFX(外国為替証拠金取引)企業と商売をするものを「店頭取引」と言いますが、この取引については取引所を通過させないで売買の相手は外為取引企業になります。

「取引所取引」というのはFX(外国為替証拠金取引)業者は仲介役であって、ダイレクトな売り買いパートナーは取引所ということになっています。

その違いをこちらで若干比較していきましょう。

第一に「店頭取引」の時は委託してあるお金はFX業者に調節されているのです。

一方「取引所取引」のケース、その証拠金は全額取引所に預金しないといけないと義務化されております。

もしも外国為替証拠金取引(FX)企業が破産するといったことが例えあったとしても、取引所取引は取引所によって資金は全てのお金が守護されているということになるのです。

店頭取引のケースはFX(外国為替証拠金取引)業者がコントロールしているため、状況により企業倒産の跳ね返りをに襲われて預金していた証拠金は保護されずなのかもしれません。

加えて税金面から言っても両者双方条項に差異があります。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として月給と総額で申し出をしないといけません。

確定申告せず済むケースもある様ですので、我に共通するかどうか注意深くチェックしてください。

万一アナタが勤め人でサラリー二千万円以下、給与の所得の範囲を超えた利益が二十万円以下(2社以上の企業から給与所得が無いということ)という基準を守っている状態でいるのなら例外措置という訳で確定申告は不要で大丈夫です。

外為もうけが20万円以上のケースは確定申告をしてください。

税金の率は稼ぎに追随して5%〜40%の六段階に仕分けられていて儲けが高ければ高いほど税金も上がってしまいます。

「取引所取引」においては、利潤があるのであれば他の実入りとは別として「申告分離課税」のターゲットとなってしまうでしょう。

税の割合は全て同じ20%となるのですが、もし赤字が確定したという事なら「取引所取引」の利益として損分を次年以降に繰越という事ができます。

上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価な税率になる時というのもありますのでふまえて研究していった方が良いでしょう。

ひときわ未経験者の方なら、株価の上がり下がりや円相場に日ごと行き届き、利潤や損失にスリリングながために、税金の事実を忘れがちになることもあります。

損分は困ります。

でも、収益が増えれば税金も額が値上がりするので注意と意識が大事な点ですね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.