3カード会社控え利用レシート(サインする明細)

カードをショップにおいて使用する時、経験があるかと思うのだが、レジの担当者が理解していないことでどのレシートをお客さんへ渡すべきか迷っていることがあるはずです。

というのも、クレジットカードを使用すると数枚の使用明細というものが印字されるため、このレシートの中のどの明細をお客さんの方に渡すのかわかりにくいという話です。

3枚の使用レシートの正体とは)それではこの数枚の利用明細の正体とはは何かについては、下の通りです。

1お客さんへ渡すべき明細。

2店舗で保管するレシート。

3カード会社控え利用レシート(サインする明細)。

普通であれば絶対お客様側へ保管して頂く明細の方を渡すはずですがごくたまにお店の控えレシートをお客さん側へ見間違えて渡す場合の他、サインされた側の使用明細自体を渡してしまうというというような大きなミスも見受けられます。

これは時間給の従業員や、クレジットが使われることのない店でクレカを提示すると店舗スタッフの困った姿を見れるようです(笑)。

従業員が違う使用明細というものを渡してきたときは怒らずに「これじゃありませんよ」と一言言ってあげてほしいものです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.