確認が必要です

自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い略すと自賠責保険と呼ぶものになります。布団クリーニング比較

この保険は別名強制保険とも呼ばれていて愛車を定期車検に出す場合は、定められた期間内に自賠責保険に入っていなければなりません。

わかりやすく言えば、すべてのクルマに加入義務のある保険ということです。

ではその車が自賠責保険に入ったまま売った際にはどうか考えてみたいと思います。

自動車損害賠償責任保険は車検のときに更新する場合が多くあったりしますが、仮に強制保険が付いたままの車を売りに出した場合はその金額が返ってくるということはほとんどないでしょう。

なぜなら、自賠責保険の効力を消して、保有者に移行することは少し面倒なのです。

なので、自動車損害賠償責任保険は名義変更をした後にクルマとともに渡すのが普通です。

しかしながらそれと同じだけの額を買取金額に乗っけてくれるのです。

自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違って、既に支払った保険額を月単位で割り算した金額が返金されるやり方ではなく、買取額に乗せるといったような方法をとることが普通ではありますが、このことが見積もり票に掲載されるケースは珍しいです。

ですから車買取のときには強制保険(自賠責保険)の分の額が査定額に反映されているかを注意したほうがいいでしょう。

納付した保険料がどの程度の金額かを把握しておけば、間違いはないはずです。

それぞれの自賠責保険の加入額については加入していた期間次第で違ってくるものなので、確認が必要です。

自動車の廃車の場面では自賠責の名義を変更しなければなりません。

もしこの作業をしていなければ保険会社から自分宛に保険期限の満期の知らせが来てしまいます。

査定を考えている愛車がより正確に判断され損をせずに手放せることを応援させて頂きますね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.