これらの事実は無論問題がない事なのかもしれませんが

融資を受けた際、返済自体をする時には利息を上乗せした返済になるのは周知の事実です。

キャッシング会社は経営の利益を狙いとした企業ですから当たり前です。

しかし返済する方は、ちょっとでも少なく返金したいとよぎるのが心中でしょう。

利息制限法が適用される一世代前は、年間30%近い金利返していましたが、定められてからは高金利でも年率18%位といくぶん低く設定されていますので、かなりリーズナブルになったようです。

最近の融資の利子範囲は4%位から18%位の枠が設けられていて、利用可能額により定められます。

利用上限額は借り主の信用度によって影響します。

総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年収がどの程度なのか?どんな職についているのか?カードの使用状態はどうなのか?いろいろ調査され与信限度額としてキャッシングの内容が決まります。

カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は同じではありません)と広い幅があります。

そしてその幅の中で決まった利用できる金額により利息も決まるのです。

50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になるはずです。

いわば、信用度が高ければ、貸付可能金額も多くなり、金利も低くなるというわけです。

この利率に疑問を感じるのは自分だけでしょうか?金融会社にとって、これらの事実は無論問題がない事なのかもしれませんが、年の収入の多い人がキャッシングローンが不可欠と思えませんし、もし借りた時でも利子が良かろうが悪かろうがお金の返済に悩む事はないはずです。

逆に年の収入の低い人は直ちにお金が必要なのでキャッシングする方が多く、利息が高いと返済に追い込まれるようになるはずです。

なので可能幅の小さい人こそ低利子で使えるようにする必要があるのではないでしょうか。

この見方は利用する立場としての考えではあります。

これらを念頭に置くと、利子を低くする為にはどうすれば良いのかおぼろげながら気付いたでしょう。

事実、これから述べる方法で、申請する人が大勢いるので紹介しますと、クレジットカードの申請をする場合、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収600万円なら200万円。

申込みのカードローン審査で満額通ればそれだけ利子が良いキャッシングカードを手に入れることができるのです。

であってもMAXギリギリまで使用しなければならないというわけではありません。

10万円でも40万円でも必要な金額だけ使えます。

さらに最高利用可能額が300万円で最低利息年率7%位の金融会社も存在しますので、そちらを申し込めばその会社の最低金利で使用できます。

どう思いましたか?アプローチ次第で低利息のクレジットカードを手に入れることが出来るようになります。

自らの年の収入とカード業者の設定を比べて、考える事に時間を費やせば、より望ましい条件で借りれるので、面倒だと思わずチェックするようにする必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.