そうだと思うかそうで♪

なにかと簡便に利用できるキャッシングですが、うっかりしてはいけません、クレジットカード会社は利益を得るために利息を設計しているということです。

貸し出し元は企業なわけなので当然なのですが借金の利子というのはすごく高くなっています。

グレーゾーン利率が通用していたころには29.20%などという、非常識な高額の利息で契約させられていたのです。

またその当時は総量規制がなかったですから、いくらでも口座作成していたのです。

その結果、返済が難しくなる人を大量に輩出し、にっちもさっちもいかない国民が急増してしまったのです。

そうした結果総量規制といったものによって結局は業者自らの退路が絶たれるようになってしまいました。

話を戻しますが、現在では金利は大分低水準になったのですがそれでも住宅ローンなどと比較すると高い位置にあることには変わりがないと言えます。

借金するお金の額が少しだけならそうは負担にはならないかもしれませんが、巨額の借金をすると、それに比例して支払い回数も多くなります~金利として返済する総額も結構な額となるはずです。

実際に計算機などで算出してみたら最終的には半端じゃない金額を払っていることに気付くと思います。

こういった内容をそれはそうだと思うかそうではなくもったいないように感じるのかは人の考え方次第ですが私の場合はこれくらいの現金があるのなら好きなものが買えるのになあと思ってしまうのです。

こんなにもの利息を返済したくないと言う人は努力して支払回数を短くするように気を配りましょう。

若干でも繰り上げて返済をしておくことで返済月数を減らすことができます。

何かしらの必然性もなく借金する方はいないと思います。

どうしても必要に迫られて借金するわけですから、あとは支払を少しでも少なくする計画が要求されます。

かつより金銭に余裕があるようなときには繰り上げて支払をして早めの支払いをしなければなりません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.