通貨の種類に関しては

FXの目標は、各国それぞれの公式通貨があります。http://webmania.to

公式通貨に関して学んでいこうと計画しています。

・貨幣には「基軸通貨」という名称で称される通貨があります。

基軸通貨の意味ですが世界各国間の決済や金融商品の取引において重点に置いて活用される流通通貨のことを言い$(アメリカドル)です。

当時は£(イギリスポンド)基軸通貨だったのですが第二次世界大戦が終わった後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なりました。

・FXを利用して流通されている流通通貨の種類については、他で言うところの外貨の投資に比べてみると段違いに多いというのが特質なのです。

FX業者間によって、、通貨の種類に関しては、異なっているのですが一般的には20種類前後ある様子です。

その中でも流動する性質が大きくなっている公式貨幣を、メジャー通貨と称します。

変動が高い数値というのはやり取りが頻繁に実施されておりまして、流通通貨の取引が気軽なことであります。

重要な流通通貨には上記において基軸通貨であるアメリカドルに、日本の円、ユーロ(?)3種の貨幣があげられ、世界の3大通貨言われています。

カナダドルなどが準メジャー通貨と称されています。

これら貨幣以外の変動が少ない通貨はマイナー通貨と称されてやや国の勢力や経済の力が乏しい国の公式通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、インドルピー、トルコリラなどが広く支持された通貨においては売買している数量が多数ですから、値動きが横ばいで情報の量も多くいきかっているようです。

マイナー通貨は利子が高額な場合が多いというのがあるから価格の起伏がすごいとの事です。

値動きがかなりあるいうことは甚大な利益を得する機会がありますが利益を得る機会があるだけマイナス要因も大きくて不安定でしょう。

また流動性が弱い公式貨幣というのもあり事ですので、終了したいと思っている時により及ばないかもしれない事があるのです。

どの通貨を選ぶかという事に関しては、流通通貨の属性を十分に研究してから試みる事は必須であるのではないかと考えます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.larocheauxfollets.com All Rights Reserved.